私が転職を実際に経験した際、転職アドバイザーの方に大変お世話になった話

私は昨年の11月に社会人5年目の年で転職をしました。転職しようと思ったきっかけは、何か仕事が楽しくない。打ち込めないと思う瞬間が多くなり、自分のやりたいことはこれかと考え出したのがきっかけです。まずは漠然と自分のやりたいこと興味あることがわかったタイミングで、転職エージェントとの面談を設定しました。エージェントの方はこちらの話をよく聞いてくださり、私に合いそうな会社を5つほど紹介してくださいました。私自身急いで転職をするつもりもなかったので、それぞれの会社を調べながら自分との共通点があるのか、仕事を楽しくできそうか。というのを測っていました。いざ受けたいというタイミングで、エージェントの方には履歴書の書き方相談にのっていただきました。幸い前職でもアピールできる成果を持っていたので、どう書いたらシンプルでわかりやすくなるか等アドバイスをもらいました。また、同時に電話で模擬面接も行っていただきました。自分でも自己紹介など話す内容を決めて臨んだつもりでしたが、話し方の癖や、助長になっている点などを指摘してもらいました、また、アピールの仕方や質問の仕方に関しても、短くいやらしくない言い方をアドバイスいただけました。そのため実際に書類審査も全部通り、面接では緊張もせず自らの話したいことを話せ、相手に対しても質問をすることができました。面接後にもアドバイザーの方はすぐ連絡をくれ、こちらの意向などをしっかり聞いてくださいました。
数社先行をすすめる中でも、私に合いそうと思った会社をピックアップしてメリット・デメリットなどを伝えてくれたこともとても好印象でした。最終的に私は、初期に選考をすすめていた会社ではなく、その後お勧めされた会社に入社を決めることができました。私一人の力ではしっかりした企業研究などできなかったため、アドバイザーの方には大変助けてもらいました。私の身の回りで転職を考えている人には毎回アドバイザーと話すことを勧めています。