なるべくならモメごとなくキレイに退職したい、退職するときにしておきたいこと

・引継ぎはしっかりしておく
仕事を退職する上で、辞めた後自分の仕事が誰がすることになるかは大切なことです。
辞めるときには、自分の仕事が他の人にしっかりできるようにしておかなければなりません。
新しい人に引き継ぐのか、今いる人に引き継ぐのか、採用試験や配置換えをする必要があったり、任されている仕事が大きければそれだけ動く事が大きくなります。
会社にとってはそれだけ迷惑をかけるということです。
だからといって自分の意見を変える必要はありませんが、ここで引継ぎをしっかりするかはとても大切なことです。
場合によっては引継ぎをするを期間を考えたり、大事な仕事はしっかり教える時間を設けるなども工夫が必要になります。
引き継ぎ書をつくったり、デスクに張り紙をしておいたり、一日や一か月のスケジュールを作ったりなど、データーベースで作っておくことも他の人が見たときに分かるようにしておくのもよいです。
また、担当者と密に仕事をしていたり、上司の認可が頻繁に必要な仕事など関わる人に紹介する意味で引継ぎすることも必要といえます。
新しく仕事をする人がきても、全く紹介がないとあるとでは仕事が円滑に進むかも変わってきます。
退職の挨拶とともに新しい担当者を紹介できるとよいです。
会社ですので仕事が円滑に進んでいくかが基本となります。

・退職する時期を見極める
仕事をやめるとき、やむを負えない事情があるときは急なこともありますが、あまり急ぎでない場合は会社の都合に合わせていくのも円滑に辞めていく上では大切なことです。
忙しい時や難しい仕事が乱立しているような時期は、新しい担当者では不安になったり時間がかかることにたいして不満に思ったりする人もいます。
さらにいうと忙しくなければ、丁寧に教えてもらったり仕事が円滑に進むことがあっても、忙しくなることでそれに余裕が無くなったりうまく行かなくなるときがあります。
余計なトラブルを防止したいときや、辞めた後も連絡が来るような状態を避けたいときは、辞める時期を調整することで避けられることがあります。