答える内容以外にも気をかけておきたい、実際の面接で気を付けたほうが良いこと

・視線や声の大きさ
面接というと、面接官に聞かれたことに対していかにうまく答えるかに重点を置きがちですが、それ以外にも気をつけることがあります。
まず面接官は、その面接に合っている自然な態度を求めています。
視線があまりにキョロキョロしていたり、態度が挙動不審だったり、声の大きさがあまりに小さくて聞き取れないようですと、マイナスポイントです。
自信満々な必要もなく、自意識過剰な態度もよくないですが、あまりにも自信がないような態度は良く思われない可能性があります。
面接は慣れの部分も多いです。
人に対してあまりにも緊張してしまうときは、面接の練習を繰り返した方が良いです。

・姿勢や身のこなし
普段から猫背気味の人はそれだけで内向的な性格に見られてしまったり、歩く歩数の幅があまりにも狭かったりなどすると、この人大丈夫かな、と思われてしまうきっかけとなります。
背筋がピンとしているだけでも印象が変わりますし、堂々と歩いているだけでも違った人に見えることがあります。
自然と笑顔になれるような余裕があると、しぐさにも余裕がみられて、安心感を感じさせます。
実際に会社で働いたときにどんな感じになるか見ていることも多いです。
腕や足を組んだり、態度が悪い人と思われないことが大切です。

・身だしなみ
わざわざ面接にしわくちゃのシャツを着ていかないとは思いますが、襟や袖の汚れは目に入りやすいですので、清潔にしておいた方が良いです。
アイロンをかけることが手間な人は形状記憶のシャツを着ていると手入れが楽になります。
ぼさぼさな髪は避けたほうが良いですし、女性の場合派手な髪型爪なども避けたほうが良いです。
一般的な面接な格好でよいのですが、清潔感を心がけた格好をする必要があります。
忘れてしまいがちなのは、バックや靴なども汚れてしまうことがあります。
面接の前に汚れがないか確認して、取れるようなものなら掃除しておいたほうがよくなります。