同業他社へ転職したい!転職する際の、わかりやすい志望動機、志望理由を作成するコツ

転職活動が難しい状況である昨今、年収アップやキャリアアップの為に同業他社への転職を検討中の方もいらっしゃるかと思います。
今回は、そうした方が同業他社で転職をする際の志望理由作成のコツをご案内します。

①自分のスキルの棚卸しと、転職の目的を明確化させる。
転職において最も大切なことですが、「転職をする目的を明確化し、言葉で伝えられるようにする準備」は必ずしましょう。
その為には、以下の質問を自分に投げ掛けてみるのがおすすめです。
・なぜ転職がしたいのか?(年収アップ、キャリアアップ、やりがい、職場環境etc)
・転職先で何がしたいのか?また、自分には何ができるのか?

具体的に紙に書き出してみましょう。
またこの時に重要なのが、「できるだけポジティブな内容にすること」です。

同業他社の転職の場合、仕事内容が大幅に変わることはあまりありません。
よって「今の会社の○○が嫌だから転職する」というネガティブな内容よりも、「今の会社では△△というスキルを身に付けた。このスキルをより生かせる会社に転職したい」の様なポジティブな理由であるほうが即戦力として見なされ、面接時の印象が良くなります。

②志望先の企業を詳しく調べる
次に志望先の企業の様々な面を比較します。
これも以下のことを書き出してまとめるのがおすすめです。
・会社の規模
・仕事内容、業務内容
・企業イメージ、ビジョン
・(メーカーであれば)ブランドコンセプト

実際に書き出してみるとわかりますが、同業他社の場合、似たり寄ったりになります。(会社の規模はことなるかと思いますが‥)
そしてとても重要なのが、「今働いている企業と志望先の企業、同業他社だけど何が違うのか?また、何を魅力に感じているのか?」を自分の言葉でまとめることです。

③①と②をまとめる。
最後に、書き出したものを順にまとめていきます。
順番としては以下の流れで書き出すのがおすすめです。
・なぜ転職をしたいと思ったのか
(例:スキルアップ)
・今の自分には何ができるのか、どんなスキルがあるのか
(例:○の資格があり、△という結果を残した)
・なぜ志望先の企業に転職したいと思ったのか
(例:現職ではできない□ができるから、また△であることに魅力を感じた)
・転職先では何をしたいか、何ができるか
(例現職で培った○を生かして□をしたい。△という結果を残したい)

いかがでしたか?
転職するのは大変ですが、上記の様に一つずつまとめながら目的をはっきりとさせて、是非転職活動を成功させて下さいね。

たくさんの人が転職エージェントを利用して効率よく転職活動を実施している状況

転職活動を効率よく行うことができれば、短期間で魅力的な職場に転職することができます。そこで心強い存在になっているのが転職エージェントで、すでにたくさんの人が利用しています。
この転職エージェントを利用することで、どのようなメリットが発生するのかまとめてみました。

■非公開求人を紹介してもらえる
たくさんの人が転職エージェントを利用している理由で、非公開求人を紹介してもらえるメリットが発生します。非公開求人は通常チェックすることができなくて、転職エージェントを利用した時に初めてチェックできます。
公開されている求人では理想の求人を見つけられなかった時に非公開求人も確認すれば、理想の求人を見つけられるチャンスが出てきます。転職エージェントによっては、多くの非公開求人を取り扱っており、希望条件に合わせて紹介してくれるので頼もしいです。

■履歴書や職務経歴書の不備をチェック
自分では完璧に作成できた履歴書や職務経歴書でも他の人が確認した時、不備が見つけることも少なくありません。そこで転職エージェントが細かくチェックしていき、履歴書や職務経歴書に問題ないか確認してくれます。
完璧な履歴書や職務経歴書を作成することで、書類選考通過率を高めることが可能です。そして内定を得られる可能性が高まるため、転職エージェントを利用する人がたくさんいます。

■面接対策や転職後のサポートを受けられる
内定を獲得するには、面接選考を何としても通過しなくてはいけません。面接を行っている時、採用担当に少しでも良い印象を与えることができれば、面接を通過できる可能性が高まります。
面接対策を行ってくれる転職エージェントも多く、癖や悪い部分などをしっかりと指摘してくれます。そして完璧な状態で面接選考を受けられるようにサポートしてくれるので、頼もしい存在です。
また転職後のサポートも行っていき、少しでも新しい職場で高いパフォーマンスを発揮できるように支えてくれます。

■まとめ
転職エージェントを利用すれば、非公開求人を紹介してもらえるだけではなくて書類や面接選考の対策を行ってくれるので心強いです。また転職後のサポートも行ってくれるので、納得できる転職を実現させやすくなります。

【転職で知っておきたいメリット・デメリット】話題の転職エージェントってどうなの?

転職するにあたってよく耳にするのが転職エージェントと言う言葉です。
転職をするにあたって様々な手続きを代行してくれたり、職業を進めてくれる転職の水先案内人のようなサービスと言えますが、どのようなものなのでしょうか。
今回、この転職エージェントのメリットやデメリットについてお話ししていきます。

・転職エージェントとは
転職エージェントとは冒頭でもお話しした通り、様々な転職をサポートしてくれるサービスです。
従来はとても手間だった履歴書の作成や面談日のスケジューリングと言ったエネルギーを使う部分を補助あるいは代行してくれます。
そういった転職の便利サービス、それが転職エージェントです。

・転職エージェントのメリット
転職エージェントのメリットは、利用無料、面接スケジュールなど様々な転職の補助や代行、そして転職後のフォローを行ってくれるというものです。
代行と言うとお金がかかるイメージがありますが、転職エージェントの利用料は求職依頼を出した企業が支払います。
そのため転職希望の利用者は無料で便利なサービスが受けられるのです。
様々な転職の代行もメリットです。
面接のセッティングなど何かとエネルギーを使うことが多いのが転職。
そんな面倒なことをフォローしてくれるのは大きなメリットです。
サービスによっては履歴書や職務経歴書の作成指導や面接対策、内定後の条件交渉まで行ってくれる所すらあります。
転職後のフォローも行ってくれます。
新しい職場の悩みなどを聞いてくれ、必要に応じてアドバイスをしてくれる場合もあります。

・転職エージェントのデメリット
便利な事この上ない転職エージェントですが、デメリットもあります。
それは、面接までに時間がかかることやエージェントの技量で転職先が左右されてしまうこと、自分で自由に職場が選びにくいことです。
こういったデメリットがあるものの自分で転職する自信がない場合は、メリットの多いサービスと言えるのではないでしょうか。

答える内容以外にも気をかけておきたい、実際の面接で気を付けたほうが良いこと

・視線や声の大きさ
面接というと、面接官に聞かれたことに対していかにうまく答えるかに重点を置きがちですが、それ以外にも気をつけることがあります。
まず面接官は、その面接に合っている自然な態度を求めています。
視線があまりにキョロキョロしていたり、態度が挙動不審だったり、声の大きさがあまりに小さくて聞き取れないようですと、マイナスポイントです。
自信満々な必要もなく、自意識過剰な態度もよくないですが、あまりにも自信がないような態度は良く思われない可能性があります。
面接は慣れの部分も多いです。
人に対してあまりにも緊張してしまうときは、面接の練習を繰り返した方が良いです。

・姿勢や身のこなし
普段から猫背気味の人はそれだけで内向的な性格に見られてしまったり、歩く歩数の幅があまりにも狭かったりなどすると、この人大丈夫かな、と思われてしまうきっかけとなります。
背筋がピンとしているだけでも印象が変わりますし、堂々と歩いているだけでも違った人に見えることがあります。
自然と笑顔になれるような余裕があると、しぐさにも余裕がみられて、安心感を感じさせます。
実際に会社で働いたときにどんな感じになるか見ていることも多いです。
腕や足を組んだり、態度が悪い人と思われないことが大切です。

・身だしなみ
わざわざ面接にしわくちゃのシャツを着ていかないとは思いますが、襟や袖の汚れは目に入りやすいですので、清潔にしておいた方が良いです。
アイロンをかけることが手間な人は形状記憶のシャツを着ていると手入れが楽になります。
ぼさぼさな髪は避けたほうが良いですし、女性の場合派手な髪型爪なども避けたほうが良いです。
一般的な面接な格好でよいのですが、清潔感を心がけた格好をする必要があります。
忘れてしまいがちなのは、バックや靴なども汚れてしまうことがあります。
面接の前に汚れがないか確認して、取れるようなものなら掃除しておいたほうがよくなります。

私が転職を実際に経験した際、転職アドバイザーの方に大変お世話になった話

私は昨年の11月に社会人5年目の年で転職をしました。転職しようと思ったきっかけは、何か仕事が楽しくない。打ち込めないと思う瞬間が多くなり、自分のやりたいことはこれかと考え出したのがきっかけです。まずは漠然と自分のやりたいこと興味あることがわかったタイミングで、転職エージェントとの面談を設定しました。エージェントの方はこちらの話をよく聞いてくださり、私に合いそうな会社を5つほど紹介してくださいました。私自身急いで転職をするつもりもなかったので、それぞれの会社を調べながら自分との共通点があるのか、仕事を楽しくできそうか。というのを測っていました。いざ受けたいというタイミングで、エージェントの方には履歴書の書き方相談にのっていただきました。幸い前職でもアピールできる成果を持っていたので、どう書いたらシンプルでわかりやすくなるか等アドバイスをもらいました。また、同時に電話で模擬面接も行っていただきました。自分でも自己紹介など話す内容を決めて臨んだつもりでしたが、話し方の癖や、助長になっている点などを指摘してもらいました、また、アピールの仕方や質問の仕方に関しても、短くいやらしくない言い方をアドバイスいただけました。そのため実際に書類審査も全部通り、面接では緊張もせず自らの話したいことを話せ、相手に対しても質問をすることができました。面接後にもアドバイザーの方はすぐ連絡をくれ、こちらの意向などをしっかり聞いてくださいました。
数社先行をすすめる中でも、私に合いそうと思った会社をピックアップしてメリット・デメリットなどを伝えてくれたこともとても好印象でした。最終的に私は、初期に選考をすすめていた会社ではなく、その後お勧めされた会社に入社を決めることができました。私一人の力ではしっかりした企業研究などできなかったため、アドバイザーの方には大変助けてもらいました。私の身の回りで転職を考えている人には毎回アドバイザーと話すことを勧めています。

なるべくならモメごとなくキレイに退職したい、退職するときにしておきたいこと

・引継ぎはしっかりしておく
仕事を退職する上で、辞めた後自分の仕事が誰がすることになるかは大切なことです。
辞めるときには、自分の仕事が他の人にしっかりできるようにしておかなければなりません。
新しい人に引き継ぐのか、今いる人に引き継ぐのか、採用試験や配置換えをする必要があったり、任されている仕事が大きければそれだけ動く事が大きくなります。
会社にとってはそれだけ迷惑をかけるということです。
だからといって自分の意見を変える必要はありませんが、ここで引継ぎをしっかりするかはとても大切なことです。
場合によっては引継ぎをするを期間を考えたり、大事な仕事はしっかり教える時間を設けるなども工夫が必要になります。
引き継ぎ書をつくったり、デスクに張り紙をしておいたり、一日や一か月のスケジュールを作ったりなど、データーベースで作っておくことも他の人が見たときに分かるようにしておくのもよいです。
また、担当者と密に仕事をしていたり、上司の認可が頻繁に必要な仕事など関わる人に紹介する意味で引継ぎすることも必要といえます。
新しく仕事をする人がきても、全く紹介がないとあるとでは仕事が円滑に進むかも変わってきます。
退職の挨拶とともに新しい担当者を紹介できるとよいです。
会社ですので仕事が円滑に進んでいくかが基本となります。

・退職する時期を見極める
仕事をやめるとき、やむを負えない事情があるときは急なこともありますが、あまり急ぎでない場合は会社の都合に合わせていくのも円滑に辞めていく上では大切なことです。
忙しい時や難しい仕事が乱立しているような時期は、新しい担当者では不安になったり時間がかかることにたいして不満に思ったりする人もいます。
さらにいうと忙しくなければ、丁寧に教えてもらったり仕事が円滑に進むことがあっても、忙しくなることでそれに余裕が無くなったりうまく行かなくなるときがあります。
余計なトラブルを防止したいときや、辞めた後も連絡が来るような状態を避けたいときは、辞める時期を調整することで避けられることがあります。

転職エージェントの便利な部分や使っててよかった体験やプログラミングを学んでおきたい

転職は過去に4回ほどしております。一番最初は普通にハローワークを利用したり転職雑誌を利用して転職先を探してましたが2005年以降は主に転職エージェントを利用することが増えてきました。年々転職エージェントは増えて行ってますし色んなそれらのサイトを利用してきたのでどこが自分にマッチした求人をたくさん紹介しているかなどはかなり掌握できております。

ハローワークや転職雑誌よりかは探しやすさが転職エージェントにはあります。ハローワークだとやっぱり手間がかかるし雑誌の場合だと探しにくさはあるけども転職エージェントだとワンタッチで検索できて希望の職種がどんどんでてくるのでスピード感が違うのです。なのでそれ以来は転職する場合は転職エージェントのみになりました。今の若い人はハローワークなどは利用なさってる方って少ない気がします。

周りを見ても転職エージェントを利用なさってる方が圧倒的に多いですし。転職エージェント自体も年々サービスがどんどん向上していってる感じがするし今後の進化がまだまだ期待できるはずです。今後は在宅求人もどんどん転職エージェントで増えていくでしょう。今は仕事をしてますが万が一に備えてプログラミングの勉強をしたいなあって考えてます。プログラミングをマスターしておけば在宅での仕事にありつけやすいですし今後このような技術をしっかりマスターすれば転職することになっても有利に働くからです。実際プログラミングスクールは大盛況のようですし将来的に在宅の仕事が3割は増えるであろうと言われているのでプログラミングは絶対今のうちに勉強しておいたほうがいいのです。

たとえ現在50代くらいの方であっても全然遅くないはずです。どれくらいでマスターできるかわかりませんがプログラミングをマスターさえすれば転職エージェントを利用したときにより在宅での希望の仕事にありつけるのではないでしょうか。私も在宅だけで仕事がしたいんです。